T-ALLを「知って治す」ブログ

T-ALLを「知って治す」

自身の病気「T細胞性急性リンパ性白血病」を調べ、理解し、治療と正面から向き合うことを目的とします。

治療見通し

HR群の治療計画

はじめに 僕はALL-T11という治療プロトコルに基づいて治療を受けています。 このプロトコルは、薬剤に対する反応性などにより、治療開始から5週間後(早期強化療法の終了後)から以下の3つの群に分かれます。 SR (Standard Risk) 群 HR (High Risk) 群 VHR (…

全体の治療見通し (2018年11月8日現在)

体調が良くなって気持ちも前向きになってきたので、主治医のA先生に今後の治療について改めて聞いてみた。 「プロトコル(治療計画)について調べた」で挙げたALL-T11臨床試験はあくまでベースにするだけで、実際に僕が受ける治療は主治医の先生により相当アレ…

生存率

あさってから抗がん剤が始まる。体調が悪くなってからこういう話題を出すと余計な心配をされそうなので、先手を打って公表しておく。みんな気になる話だと思うし。 もちろん、生存率なんて目安でしかない。医学はどんどん進歩して、治療も変わっていく。各患…

年内の治療見通し

昨日の記事でも貼ったが、僕の治療はALL-T11という下図のような臨床試験プロトコルに基づいて行われることになっている。ざっくりと解説を書き加えてみた。 画像の上部、青いラインを引いたところがタイムバーで、治療期間の目安になるので、参考にしてほし…

プロトコル(治療計画)について調べた

一昨日の確定診断と同時に渡された、プロトコル(治療計画)について調べた。 小児および若年成人におけるT細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同第Ⅱ相臨床試験実施計画書 (ALL-T11) これらしい。2011年より実施され、新規募集こそ終わっているものの、…